大理石オーダーメイド 石専門店.com | (株)エム・ジー関ヶ原

ビシャン仕上げの『御影石 山西黒』は職人の思いを乗せて。

 

 

今日は、小段付き敷居の制作をしていました。

 

図面こちら。

 

 

 

今回は、一番厚みの薄いところが10mm厚になり

とても薄くなります。

一体どのように仕上げていくのでしょうか?

 

 

まず、ビシャン仕上げとは、

ピラミッド型の刃、突起のついた槌でコツコツと叩いたものです。

 

ビシャンをかけていく面積に応じて、刃を決めるのですが

今回は、一本の槌に突起が16個付いている

16目ビシャンの道具でかけていきますよ!

 

小段部分は、厚み10mmしかない為、

ビシャンをかけているうちに振動で割れる恐れがあります。

ですから、厚みの有る板材から加工に入り

ビシャンをかけてから、最後に全体20mm厚にしていくんです。

 

 

なるほど~・・・

こんな工程を経て仕上がるのですね!

 

完成です。

アップで見てみましょう♪

 

 

 

離れて見て見ます。

 

 

細やかに、

また、大事に丁寧に時間をかけて仕上げた製品は

職人の思いと一緒に、お客様の元へと届けられます!

 

 

【※石種】

 中国産(山西省) 御影石 山西黒

 

【※特性】

 中国産の黒御影石の代表と呼ばれる山西黒。

 丁場で品質の良し悪しの差が出ますが、

 南アフリカなどで採掘される黒御影石よりも安価な為、

 日本では一番よく使われている石ですね。

 

 

キッチン

洗面カウンター

テーブル天板

框

巾木
TOPへ