大理石オーダーメイド 石専門店.com | (株)エム・ジー関ヶ原

円型落し込み甲板『大理石 ネロマルキーナ』の加工工程は至難の業!!

 

 

今日の工場では、とても難しい加工をしていました。

 

図面はこちら。

 

 

 

まず、石厚は超薄型の12mmです。

 

20mm厚の板材から、全体を12mm厚までドラム機で削り落とします。

 

そして、円型に形造ります。

 

小口面を3R面取りした後、手磨きで小口を磨きます。

 

 

次に、このフレームに引っかかるように小段加工を付けていくのですが

一体どのように加工していくのでしょうか?

 

 

実は・・・

円型に小段を付けるのは、至難の業。

 

これだけの条件での加工は、熟練の腕が必要です。

 

 

 

石屋では、色々工夫がなされ小段の加工に入っていました。

 

 

なんと、なんとっ!!

石を立てて、小段を付ける部分に

サンダーを当てていましたよ!!

 

 

 

次々と小段を付けた製品が並んでいきました。

 

 

右端4枚は小段を付け終えた製品です。

左1枚がサンダーで切り込みを入れたばかりの製品です。

 

 

 

仮フレームに入れて確認しました。

ぴったりと納まりましたね♪

 

 

いかがでしょうか・・・

 

薄型

円型

小段付き

という大変な加工でしたが、見事に完成致しました!

 

 

 

【※石種】

 大理石 スペイン産 ネロマルキーナ

        別名:ネグロマルキーナ

 
【※特性】

 黒地に白い模様が不統一に入ります。

 細い筋模様から幅広く入るもの、また柄がないほぼ真っ黒なものまであり

 高級感漂う、希少な黒大理石です。

 しかし、使用後の経年で風化が激しく表面剥離、破損が起きる場合が

 あるので注意が必要です。

 

 

キッチン

洗面カウンター

テーブル天板

框

巾木
TOPへ