大理石オーダーメイド 石専門店.com | (株)エム・ジー関ヶ原

わずかな角度も付けれます!『御影石 G682』は座彫り加工とのダブル仕上げで。

 

今日の工場では、ズラリと並ぶ笠石を見つけました。

 

 

図面はこちら。

天端にはわずかな角度を付け、裏は彫り込む座彫り仕上げです。

このような加工の場合、どのような工程で進められるのでしょうか?

 

 

 

まず、長手方向の小口部分をすべて磨きます。

次に、ドラム機で裏面を8mm削り落とす座彫り加工に取り掛かかります。

実は8mmを削る作業は、ものすごく時間がかかるんです。

 

 

その後、またドラム機にて天端の緩やかな角度を付けます。

 

 

0.84度という細かな角度を付けた後、

最終工程のブリックで磨くのですが、

ここには、職人の腕と知恵が隠されていますよ!

 

 

主に、ドラム機が大活躍の加工に加え、

ブリック工程も大忙しです。

 

 

ようやく、完成品が次々と並んでいきました。

 

一つの工程に、時間のかかる作業でとても大変でしたが

完成品を見ると、一段と嬉しくなる製品でもありました♪

 

 

【※石種】

 中国産(福建省)御影石 G682

 

【※特性】

 色調はさまざまですが、比較的淡色物が多いです。

 
 この石種本来の色調は白系からピンク系に分かれますが

 近年はピンク系錆石が主流です。

 錆石の性質上、色合わせは困難な石でもありますね。

 

キッチン

洗面カウンター

テーブル天板

框

巾木
TOPへ