今日は、難易度の高い小口形状のご依頼がありました。

それは、どのようなものなのでしょうか。

 

図面はこちら。

大型サイズに加え、小口部分が何とも複雑。

果たして、このような加工が可能なのでしょうか・・・

 

まず、小口部分は絵に描く様に、簡単には加工できません。

使用される道具や機械にも限界があります。

 

溝幅やR部分はお客様と打合せをして

そして、可能な限り近い寸法を出させて頂きました。

 

もはや、細かな部分は職人の腕次第となります。

 

 

水切り部分が石屋で形造られました。

 

 

また、仕上げは『水磨き』

山西黒の本磨きとはまったく同じものとは思えないくらい

違った顔を見せます。

 

 

こちらが、手磨き加工後です。

 

 

本磨きより難しいと言われる水磨き加工。

番手をうまく使い分け、丁寧に磨き上げる職人たちがいてこその完成品です。

 

また、取り扱いにも注意が必要です。

なぜなら、人の手の脂も付いてしまう程のマットな仕上げなのです。

 

 

受け渡しにも細心の注意を心がけ、優しく扱いながら出来上がった製品は

最高の満足得て頂くことになるでしょう!

 

 

【※石種】

中国産御影石 山西省 山西黒

 

【※特性】

中国産の黒御影石の代表と呼ばれる山西黒。

丁場で品質の良し悪しの差が出ますが、

南アフリカなどで採掘される黒御影石よりも安価な為、

日本では一番よく使われている石ですね。