色々な表情を見せる『アラベスカート』

今日はこちらの大理石でカウンターを制作していました。

 

図面はこちら。

カウンターに前垂れを接着するのですが、

今日は一般的な接着とは違う出隅トメ加工し、接着をします。

 

 

 

『出隅トメ』とは・・・

出隅の外折れする2枚の石の合端の裏側を、外側に45度削って作る収まりのことです。

まず、丸鋸でサイズ切断します。

しかし、

ただ、切るだけではありません!

 

 

 

柄が強い石は、『墨出し』と言って

天板と前垂れ部分を、なるべく柄行が合うように切断していくのです。

 

 

 

サイズ寸法が細く長い為、鉄棒を入れて補強します。

その後、ドラム機で45度の角度を付けていきます。

 

 

 

パーツを貼り合わせます。

しばらく養生させて、3R面を付け磨きました。

 

 

 

コーナー部分も丁寧に作り上げます。

 

 

 

裏を覗いて見ました。

見えない部分も、綺麗な仕上がりですね。

時間と手間を最大に要する『トメ加工接着』。

職人たちの、熱き思いが込められた素敵な製品となりました!

 

 

 

 【※石種】

 イタリア産 大理石 アラベスカート 

 

 【※特性】

  
 白の地色にアラベスク模様が流れる石種。

 多くの丁場により、模様、色調が大きく変わり

 色々な表情を見せてくれます。

 手元に届く石はまさに、あなたのオンリーワンですね。