工場に入ると、小さなパーツがいくつも並んでいました。

 

さて、これは一体何でしょうか?

ビアンコカラーラジュエリー台

実は、ビアンコカラーラで小さなパーツのジュエリー台を制作していました。

 

 

 

図面はこちら。

ビアンコカラーラ図面

 

 

なんとも、細かな溝の指定があります。

 

今回の溝は、ドラム機で加工しています。

小さな製品ほど、各工程でより丁寧に進められます。

 

 

 

小さなベース素材に、慎重に溝加工を加えてようやく完成しました。

ビアンコカラーラジュエリー台

 

 

天然の石と共に輝くジュエリーは、

眩しいくらいの美しさをきっと放つことでしょうね!

 

 

【※石種】

イタリア産 大理石 ビアンコカラーラ

 

【※特性】

多くの大理石の代表石種で世界中で使われています。

多くの丁場により色調、柄は多種に分かれ、

ピンホール、白線、淡黄線が若干混入したりします。