ビアンコカラーラの天板ですが、オーダーにてこんなデザインの天板を制作しました。

zumenbianko

平面に対して、一部をカットする事を「切り欠け」と呼んでいるのですが、この形は

切り欠けの連続!1段ずつ切り落としていきます。

DSCF1444

合わせて、正面側はR形状。切り落としてから、滑らかなR形状に整えていきます。

この後で磨きをかけ、正面と天板は本磨き加工になります。

DSCF1451

ご利用、ありがとうございました!

石種:ビアンコカラーラ