今日の工場では、上框の接着をしていました。

 

 

図面はこちら。

 

板材の厚みは20mmを使用。

 

立上りを接着することにより、正面から見ると

200mmの厚みがあるように仕上げる事が出来ます。

 

実は、100mm厚のムク材で作るより、

価格も大幅に削減出来るんですよ♪

 

 

図面のように、ホールのデザインに合わせて

切欠部分の角度を出し、制作も自由自在!

 

 

 

次々と仕上がってきました。

 

接着された上框は、大事に運ばれて

お客様の元へと届けられます。

 

 

【※石種】

イタリア産 大理石 ボテチーノ

【※特性】

ベージュ系大理石の代表的石種で古くから使われていますが

丁場、採掘層により色調や柄が異なり注意が必要です。

また、疵が多く裏張りの補強加工を要します。

しかし、ベージュの地色に濃い目の柄が入る優しい色合いは

落ち着いた色見と古典的な模様で、気品溢れる石でもありますね。