今日は、ロッソマニャボスキで上框の貼り合わせをしていました。

 

図面はこちら。

 

 

寸法に切断後、ドラム機にて小口に角度を付けます。

 

こちらの入隅トメ加工とは、入隅の内折する2枚の石の合端を

外側に45度削って作る納まりのことです。

 

今回は、図面のようにトメ加工を施し、貼り合わせた後

10mm角面を取っていきます。

 

 

仮並べをし、最終検品をして出荷となります。

美しいマーブル模様とレトロな雰囲気が魅力的な

そんな、素敵な上框となりました♪

 

【※石種】

 大理石 イタリア産 ロッソマニャボスキ

 別名:ロッソアジアーゴ

    ロッソブロッカート

    ロッソベローナ

 
【※特性】

赤オレンジの地色に、赤い筋模様が入ります。

丁場により色調が異なり、それぞれ別名で呼ばれる場合が多いです。

柾目加工で使われ平行流れ柄となる為、裏張りの補強処理が必要と

なります。

古風な雰囲気を持ち合わせる石ですので、

レトロ感を出すにはピッタリの赤茶系大理石ですね。