今日の工場では、小口のビシャン加工に取り掛かっていました。

 

図面はこちら。

 

 

 

天端と小口にはビシャン加工です。

小口の狭い範囲の所は、特に注意が必要です。

位置がぶれるだけで、角が欠けてしまいます。

集中して加工に入ります。

 

 

 

隅々まで、丁寧にビシャンがかけられました。

 

こうして、一つ一つの加工には

職人達の思いが沢山詰まっています。

 

大切に扱い、心を込めた製品を

今日も私たちはお客様に届けて行きます・・・

 

【※石種】

 中国産(福建省)御影石 G682

 

【※特性】

 色調はさまざまですが、比較的淡色物が多いです。

 
 この石種本来の色調は白系からピンク系に分かれますが

 近年はピンク系錆石が主流です。

 錆石の性質上、色合わせは困難な石でもありますね。