石専門店.com 広報部 杏子です。

 

建築における石文化、といえば、日本ではなくヨーロッパですよね。

 

単純なイメージとして、「テルマエ・ロマエ」を創造してしまう杏子ですが笑

 

やはりヨーロッパはすごい!というお話を聞きました。

 

どうやって石をつくっているのか。

 

まず、アメリカ。

 

アメリカはガテン系な、大工さんがそのまま石も切っちゃう!

 

日本でいうと、木材を加工して切っちゃう感覚と同じく、切っちゃう!

 

木と石では、ずいぶん違うように思いますが、有り余る筋肉で大型の機械を持ち、

ガリガリガリ!大工さんは、とにかくパワフル!

ペットボトルのような太い腕を見せつけながら・・・

「クレーン?そんなの無いよ!だって、持てなきゃ施工も出来ないだろ?」

 

ヨーロッパでは

大理石 ビアンコカラーラの場所。

今は石を採掘するため、トンネルを掘って奥深くの石を採掘しています。

 

そして、石の加工も最新の機械で!

 

人の手をあまり使わず、より便利に機械で全てまかなっていこう!というシステムです。

最新の機械を使って、コストが高くならないか聞いてみると・・・

「ここは石の本場だよ。家を建てたら、石のテーブル、キッチン、洗面・・・

石ばかりでしょ。沢山作るなら機械が要るでしょ?それに、マシンってカッコいいじゃん!」

 

「あと、彫刻も置かなきゃね!」

 

 

また、よく中国の石材で・・・ということを耳にするかとも思いますが、

昔、日本で使われていた機械が使われてたり・・・

日本の元工場長が、監督に行ってる工場も有ったりと、

工場まるごと中国にいったような所もある等、かなり似てる!

 

石と言っても、世界でまったく違ったり、それぞれの文化があるのはとても面白いですね☆
3adbe5597af7d264b902c233f3135bd2_m

 

 

 

 

 

 

 

 

石専門店.com 広報部 杏子。