今日の工場では、台湾蛇紋で受付カウンターを制作していました。

 

図面はこちら。

3500mmという、かなり長いカウンター。

4分割での制作です。

 

 

まずは、寸法通りに切断します。

 

 

 

その後、坊主加工に入ります。

 

 

 

コーナー部分は、30R面取り。

 

白筋が名前の由来通り、蛇の様にうねり出しました!

 

台湾蛇紋の特性が生かされた坊主加工。

見る人を惹きつける、そんな素敵なカウンターへと仕上がりました!

 

 

 

【※石種】

 台湾産 大理石 台湾蛇紋

 

【※特性】

  蛇のような模様を持つ、深い緑色をした蛇紋石。

  緻密な石なので、研磨することによって、艶やかな鏡面が得られます。

 

  緑色の濃淡が激しく、地色の濃いものから多少淡くなるものまで有ります。

  疵が多く、割れや欠けが起こりやすい為、必ず裏張り加工が必要です。