今日の工場では、ラインが美しく輝く製品を手がけていました。

 

図面はこちら。

 

 

小口は坊主面に加え、扇のようにダイナミックな天板です。

サイズが大きい為、2分割での制作となります。

 

 

小口部分が磨かれてきました。

 

 

 

裏チリは100mm。

手磨きで、裏も丁寧に磨かれます。

 

 

 

仮並べで確認、検品後出荷となります。

 

個性豊かな柄行と、美しいラインが重なり合って

惹きつけられる製品となりました。

 

 

【※石種】

 御影石 中国産(広東省) 浪花白

 

【※特性】

 白地に黒雲母が平行波柄に流れる、独特のイメージを持つ御影石。

 山から切り出された原石は、切る方向で模様が違い

 原石を縦方向に切り出したものを柾目(まさめ)

 原石を水平に切り出すものを平目(ひらめ)と呼ばれます。

 柾目のバーナー加工は柄に沿って割れる為、加工不可で注意が必要です。