今日の工場では、ビシャン加工仕上げをしていました。

 

図面はこちら。

小段を付けた敷居に、ビシャン加工を施します。

 

 

ビシャン仕上げとは・・・

特殊硬質合金の金槌で石材を叩き、平滑に仕上げた表面仕上げのことです。

 

 

 

中心部分から加工に入ります。

 

 

 

細かい粒の刻み目をつけた仕上げは、この面を水が流れると

繊細な波形を描く様は本当に素敵です。

 

 

滑り止め効果に加え、波紋の変化を楽しむ事が出来るビシャン加工の魅力を

あなたにも是非、感じで頂けたらと思います♪

 

 

【※石種】

 中国産(山西省) 御影石 山西黒

 

【※特性】

 中国産の黒御影石の代表と呼ばれる山西黒。

 丁場で品質の良し悪しの差が出ますが、

 南アフリカなどで採掘される黒御影石よりも安価な為、

 日本では一番よく使われている石ですね。