今日の工場では、手の込んだ敷居を制作していました。

 

まず、図面はこちら。

 

 

30mm厚の板材を使用。

角度を付けた敷居は、バーナー加工にガラスが入る溝が付きます。

また敷居の巾は、2000mm近くの長尺ものばかりです。

 

 

石屋で作業がなされていました。

 

 

 

綺麗に角度が付けられていますね。

 

 

 

この後、バーナーをかけます。

 

ガラス溝部分も出来上がってきました。

 

 

 

次のガラス溝は、L型に形を造る作業です。

一番手のかかる部分でも有りますが、細かな加工も

大事に丁寧に進められていました。

 

 

 

こちらの作業に使う工具です。

加工によって、こんなにも色々と使い分けるのですね!

 

小さな溝にもぴったりと納まって、敷居の存在感もより増すことでしょう♪

 

 

【※石種】

 中国産(山西省) 御影石 山西黒

 

【※特性】

 中国産の黒御影石の代表と呼ばれる山西黒。

 丁場で品質の良し悪しの差が出ますが、

 南アフリカなどで採掘される黒御影石よりも安価な為、

 日本では一番よく使われている石ですね。