今日は、一つ一つ丁寧に表面を加工する

割肌仕上げの束石を制作していました。

 

 

図面はこちら。

 

天端は荒ズリ仕上げで、四方が割肌仕上げです。

 

割肌仕上げとは・・・

石の表面をゲンノウなどで適当な大きさ、厚みに加工した物です。

天然の雰囲気を出す為、使用表面には出来るだけノミ跡等の道具あとを付けないのが

職人の腕の見せ所ですね。

 

 

一打ちずつが、表情を変えていきますよ!

 

 

 

最後に中心に貫通穴を開けて完成となります。

 

重量感と迫力ある表情を見せる割肌仕上げ。

 

偉大なる自然を存分に表現した製品となりました♪

 

 

【※石種】

 中国産(福建省)御影石 G654

 

 【※特性】

 中国産ダークグレー御影石では最も生産量が多いです。

 福建省の各地で採掘され、地名を付記して区別している

 長泰(チョウタイ)、角美(カクビ)が主流で使用されています。

 丁場、採掘層により色調、結晶の差が大きいので注意が必要です。