今日は、黒系大理石『ネロクラウン』の天板を制作していました。

 

図面はこちら。

 

 

石厚を、全体19mmに削り落とした後

400φの円型に仕上げていきます。

 

小口は、下になる部分に角度を付け磨きます。

 

 

 

表面の、辺の部分は3Rmmの面取り。

この部分も、丁寧に手磨きで艶を出しました。

 

円型に加えての小口加工は、さすが職人技!

技術を要する『船首型面仕上げ』は、熟練の職人の手にかかると

輝く、見事な製品となりました!

 

 

【※石種】

 中国産(湖北省) 大理石 ネロクラウン 
 

   別名:ネロカルニコ 

         チャイナブラックマルキーナ

      チャイナネロマルキーナ 

      ブラック&ホワイト

      黒白根 

      ゼブラカルニコ   など多くの名前が付けられています。

 

【※特性】

 黒地に白筋が入るモノトーンの美しい大理石。

 筋は帯状に、太いものから細いものまであり

 華やかで落ち着きのある雰囲気を持ち合わせます。