今日の工場では、大型の円型テーブルを制作していました。

 

図面はこちら。

『レザー仕上げ』とは、微妙な凹凸が有り、革(レザー)の様な質感で

艶を出さずに色調が表現されている仕上げです。

 

 

 

まず、1600mm角程の板材に切断しておきます。

パレットに立てかけられた石は、とても大きく

これから、この石で円型に形が造られるのかと思うと

ワクワク♪してきましたよ!

 

 

 

裏面は10mmの裏チリが有ります。

 

 

 

小口も手磨きで、水磨き仕上げしていきます。

 

 

 

作業工程の中ではクレーンも使えない為、

大人4人がかりで丁寧に移動されていた円型テーブルでした。

 

時間の流れが作り出す様な滑らかさに、

落ち着いた風合いと深い色彩が表現された『レザー仕上げ』。

 

優しく扱われて完成したテーブルは、使う人に温もりを伝えられる

そんな製品となりました・・・

 

 

【※石種】

 中国産(山西省) 御影石 山西黒

 

【※特性】

 中国産の黒御影石の代表と呼ばれる山西黒。

 丁場で品質の良し悪しの差が出ますが、

 南アフリカなどで採掘される黒御影石よりも安価な為、

 日本では一番よく使われている石ですね。