今日工場には、手間のかかった巾木がズラリと並んでいました。

 

図面はこちら。

 

 

石厚は40mmを使用。

まず、ドラム機で全体に40mmに決めます。

小口部分は先にブリックで水磨き加工しておきます。

 

 

その後一部を20mm落とし、石屋の手作業で内面を12R面で造り上げます。

 

 

 

ドラム機で巾5mm×深さ5mmを付け、最終工程の手磨きへと渡されます。

さじの部分や、赤線部分が手磨き加工する所ですね。

 

 

こうして多くの工程を経て完成した、水磨き仕上げの巾木。

 

マットな仕上りと、さじを付けた曲線と溝加工は

デザイン性溢れ、一段と美しい製品となりました♪

 

 

【※石種】

 イタリア産 大理石 ビアンコカラーラ

 

【※特性】

 多くの大理石の代表石種で世界中で使われています。

 多くの丁場により色調、柄は多種に分かれ、

 ピンホール、白線、淡黄線が若干混入したりします。