今日の工場では、ビアンコカラーラで天板を制作していました。

 

図面はこちら。

正面長手一方は、12mm巾×深さ10mmのガラス溝加工。

正面は小段加工をし、5R面取を取ります。

 

 

 

ドラム機で、背の部分の小段が出来て来ました。

この後5Rの面取りをして、手磨きで磨き上げます。

 

 

 

ガラス溝も付けられました。

 

お客様のご要望にお応えして仕上がった

清潔感溢れる、『白大理石 ビアンコカラーラ』の天板。

 

満足して頂ける製品を、今日もわたくし達は

心を込めて制作しています♪

 

 

 

【※石種】

 イタリア産 大理石 ビアンコカラーラ

 

【※特性】

 多くの大理石の代表石種で世界中で使われています。

 多くの丁場により色調、柄は多種に分かれ、

 ピンホール、白線、淡黄線が若干混入したりします。